注意事項/よくあるQ&A

加圧トレーニングの前に

加圧スタジオREAL学園前では、お客様に安全に加圧トレーニングをお受けいただくため、以下の方にはレッスンの受講をご遠慮いただいております。

以下の方は受講をご遠慮いただいております

  • 妊娠中の方
  • 介助が必要な方
  • 卒倒性体質の方
  • 伝染病疾患を患っている方
  • 18歳未満の方

以下の方は医師に相談のうえ、受講をご検討ください

  • 心臓病など心疾患をお持ちの方
  • 高血圧の方
  • 皮膚病をお持ちの方
  • 精神疾患をお持ちの方
  • 体調が優れない方

よくあるご質問

当スタジオについて

当日でも予約は可能ですか?

はい、ご予約が空いていれば当日のご予約もお受けできます。平日昼間ですと比較的ご予約をとりやすい状況にあります。

キャンセルは可能ですか?

はい、キャンセルは前日12時までにお願いしております。お早めにご連絡ください。

加圧について

加圧をするとどんな効果があるのでしょうか?

加圧ベルトで血流を一時的に制限することで乳酸濃度が高まり、その後圧力をなくすと乳酸が体中に行き渡り、成長ホルモンが分泌されて血流の促進や新陳代謝の向上、筋肉の発達といった変化が期待できます。

加圧をすると血が止まってしまいませんか?

いいえ、適正な圧力で制限をかけるのみで、血を完全に止めてしまうことはありません。ご安心ください。

圧力はどれくらいかけるのでしょうか?

加圧の度合いは、個人差があります。インストラクターが体質などから一人ひとりに合った適正な圧力を設定したうえでトレーニングに入ります。

自宅でも血流を制限すれば効果があるのでしょうか?

いいえ、専門家のもとで使用する加圧ベルト以外で圧力をかけるのは大変危険です。輪ゴムなどで血流を制限すると、筋肉や血管に思わぬ影響が及ぶことがありますので、絶対に避けましょう。専門家の指導のもとで行う加圧トレーニングであれば、適正な圧力で適度に血流を制限するためプラスの効果が出ます。

加圧のメリットはなんですか?

少ない負荷でも高い運動効果を期待できることです。たとえば、加圧した状態で500ml(0.5kg)のペットボトルを上げ下げすることは、加圧しない状態で重いダンベルを上げ下げするのと同様の効果が見込めます。なお、加圧なしのハードなトレーニングよりも、軽い負荷の加圧トレーニングのほうが効果が高いとされています。

筋肉をつけすぎたくはないのですが……。

大丈夫です。アスリートのような目立つ筋肉は、相当なトレーニングと食事のコントロールをしなければつきません。通常のペースでトレーニングをすれば、適度で健康的な筋肉をつけることができます。

どれくらいのペースでレッスンを受ければいいでしょうか?

週2回を目安にしましょう。毎日ハードなトレーニングをするのではなく、2~3日おきに適度にトレーニングを続けることが効果を実感する秘訣です。

ケガをしていても加圧トレーニングをしてもいいでしょうか?

ケガの度合いによりますが、体に大きな負担をかけない程度であれば医師に相談のうえで行ってもいいでしょう。

  • ページトップへ戻る